11/24 (火) 開催【無料 Principle × D&M 共催ウェビナー

打ち手が「代理店・経験・勘まかせ」な広告担当者は必見!
 "ROI可視化分析 x GA x 広告管理画面"で変わる新・広告運用ウェビナー

消費者の消費行動が大きく変化する昨今、多くの企業が「今着手しないと大きな遅れを取る」という危機感と共に進むデジタルシフトですが、ことマーケティングにおいても、広告媒体費のデジタル比率を3ヵ年で現在の50%から90%超に上げる方針を打ち出した資生堂の例が示すように、規模の大小を問わずデジタル広告の投資を強める戦略を掲げる企業が着々と増えています。 コロナ前は仮に「代理店まかせ」「担当者の経験や勘に頼りがち」という課題感があっても、一定の成果さえ出ていれば現状維持という企業の声をお聞きしましたが、昨今の市場の変化により、従来のやり方では全く成果が出せないというお悩みを多く耳にします。 そこで本ウェビナーでは、"ROI可視化分析 x GA x 広告管理画面"を使い、広告施策のROIを算出してパフォーマンス改善に繋がる打ち手を導き出すための分析手法を解説します! 今後デジタルにより注力することが想定される企業様は是非ご参加ください。

こんな方にオススメ

Web広告の成果をさらに高めたい方
新しいWeb広告の打ち手を探している方
広告施策が「代理店・経験・勘まかせ」になりがちな広告担当者

当日のスケジュール

15:00-15:30|第一部:ターゲット層の「気持ちに届いているか」を数値化する成果計測方法を知って、勘や経験からのプランニングを卒業しよう!
濵田 有希 / 株式会社ディーアンドエム
広告の成果把握で、施策毎バラバラに計測したり、目に見えるコンバージョンだけを追いかけていると、次の打ち手のプランニングの幅は狭まってしまいます。

本セミナーでは、
オフライン・オンライン等出稿先や、キャンペーンの規模・種類を問わず、すべての施策を同じ土俵で効果を比較する
認知興味好意購入というパーチェスパネルの態度・行動変容の効果を数値化する
この2つを実行し、ファネル毎のROIを算出することできる分析方法をご紹介します。
15:30-16:00|第二部:広告パフォーマンス改善に役立つGoogleアナリティクス活用法
村松 沙和子 / 株式会社プリンシプル
広告の管理画面だけでは分からない改善のヒントを探るためにも、Googleアナリティクスの活用は欠かせません。しかしながら、Googleアナリティクスのデータの活用の仕方が分からない、一部の機能しか使ったことがない、といった方も多いのではないでしょうか?
今回は、広告パフォーマンス改善に役立つGoogle アナリティクス分析手法をご紹介します。
16:00-16:20|Q&A

スピーカー紹介

濵田 有希  株式会社ディーアンドエム ビジネス開発局 ゼネラル・マネージャー
株式会社消費者行動研究所、デル株式会社、AmazingWorld/子供の遊び場事業の立ち上げを経て、 2007年より株式会社クロス・マーケティング。 新規事業として、2014年 株式会社ディーアンドエム設立に参画し、現在に至る。 新規事業・サービスの開発、クライアント課題に対するプランニング、実行分析がメイン領域。 並行して、自社EC事業を立ち上げ、スキンケアブランドの事業・販売戦略実行の推進も行っている。
村松 沙和子  株式会社プリンシプル マーケティングディビジョン 解析チーム リーダー

2014年より株式会社プリンシプルに在籍。

これまでにBtoB、BtoC 合わせて100社以上のデジタルマーケティングの解析プロジェクトを経験。

Googleアナリティクスを中心としたマーケティングデータの定量分析に加え、ユーザーテストやインタビュー調査などの定性調査を組み合わせて現状課題を分析、クライアントのマーケティング改善提案、施策実行の伴走を行う。

解析コンサルティングチームのリーダーとして、【データとアクションをつないで人と企業の円滑なコミュニケーションを実現し、世界を幸せに】をミッションに日々取り組んでいる。

参加・視聴方法

視聴方法:Zoom
お申込みいただいた方には、後日メールにて、オンラインセミナー用視聴URLをお送りいたしますので、当日はPCもしくはスマートフォンからご参加ください。

お申込みはこちら